モンチ「この賭けは必ず勝つ自信がある」
一軍

モンチ「この賭けは必ず勝つ自信がある」

セビージャFCのスポーツダイレクター「ロペテギの実力を信頼しており、長期にわたって関わって頂く価値がある」

セビージャFCのスポーツダイレクターであるモンチことラモン・ロドリゲス・ベルデホはフレン・ロペテギをセビージャの経営幹部として迎え入れました。ロペテギの就任会見にて、なぜ彼を選んだのかという質問に対してモンチは次のように答えました。「我々経営幹部と意識レベルが同じである。 彼は、私たちが求めているものに対して応えてくれる監督だ。会長もそれを知っている。監督候補は他に何人もいた。しかし、ロペテギと決めてから我々にはもう迷いはなかった。彼を説得し、必ずセビージャに加わってほしかった。なので、今日という日を迎えられて、スポーツダイレクター及び一セビリスタとして非常に嬉しい。」 ロペテギが率いたスペイン代表チームの結果に対し、危険な賭けではないのかという質問に対しては、「私だけ変わっているのかな?僕は、賭けに勝つ自信しかない。」と、力強く述べました。

「監督が就任してくれたから、2019/2020シーズンに向けてスタートを切ることができる。まずは、お互いの考えを共有するところから始める。我々がここ数カ月何をしてきたのかロペテギと共有してから来期のチームを決める。変更もあるが、大事なのは合意して結論を出すことである。 私は監督と密接に連動し、動くようにしている。監督がまずは自分のチームに合う選手を選んでから、我々の考えを共有すべきである。まだ幾つかの要素を確認する必要があるものの、既にチーム構成は形になりつつあり、とてもいいものに仕上がってきている。」

チーム構成は形になりつつあり、とてもいいものに仕上がってきている

ロペテギとの契約期間に関して、モンチは次のように答えました。「基本的には3年契約である。なぜなら彼の実力を信頼しているから。長期的に携わってもらうことで、可能性も広げられる。私が物事をたどって、後で結果を得られるのが好きなことは知っているだろう。彼の実力に、長期的に賭けてみた。」 

セビージャの2019/2020シーズンの目標に関しては、「一試合でも多く勝ち、順位を上げていくことを常に目標にしている。そのうえで、どのトーナメントにおいても最善の結果がせるような、競争力のあるチームを組むことを目標としている。新しい監督に合わせて新たにチームを編成し、一試合でも多く勝つことが私の狙いである。」と述べました。

新しい監督に合わせてチームを編成する

会見にて、バネガとサラビアついも話題に挙げられました。「何も私からは回答できない。といってていないく、更新パブロ説得ていである。我々意見受け入ようてい発表ようアップデートない。

最後アルバルトモレノ契約ついれました 本件ついて、監督時間く、に2バックはいし、ウォバでDFになれる。チームっく分析ない見分レフトバック必要数名選手アルバルト・モレノ候補であろう。」

 

Communication Department