ホームゲームにてエスパニョールと引き分ける
クロニクル

2-2: ホームゲームにてエスパニョールと引き分ける

エスパニョールが逆転したものの、ビクトル・サンチェスが退場。エスパニョール側が一人少ない中、セビージャが同点ゴールを決め引き分けに終わった。

またしても勝ち点3を取り逃し、ラリーガにおいて3試合連続で勝利できていないセビージャFC。今回も、両チーム1点ずつ持ち帰る結果となった。比較的早い段階でオカンポスがゴールを決めたことから、予想もしていなかった結果に終わった。

両者、試合の主導権を握ろうと勢いよく飛び出した。エスパニョールもセビージャ陣地へ攻める場面も見られたが、試合開始15分後。スソのクロスをオカンポスが合わせ、ゴールキーパーのディエゴ・ロペスを破り、先制点を決めた。数分後には、追加点を決める決定機がエンネシリに訪れるものの、そのゴールはロペスに跳ね返されてしまう。

その後はあまり大きな動きがなかったものの、前半35分に衝撃が走る。審判がVARを介入し、セルヒオ・ゴメスにイエローカード、エスパニョールにフリーキックを与える判定を下したのである。エンバルバが同点ゴールを決め、引き分けで試合を折り返すこととなった。

後半、セビージャから緊張がみられ、エスパニョールに弱みを握られてしまう。カレリからボールをうけたウー・レイが見事な逆転ゴールを決める。この逆転ゴールに危機感を感じたロペテギ監督は3人の選手を交代した。

セビージャは全力を尽くした。そして、その努力が最後には報われることとなる。ビクトル・サンチェスが退場となり、一人少なくなったエスパニョール にスソが右サイドからゴール枠に入り込み、遠くから左下コーナーにシュートを放った。セビージャにて初ゴールを挙げたスソの快挙であった。同点に引き戻し、更なる点を決めようと選手たちは奮闘するものの、決定機を迎えられず、引き分けに終わった。

試合情報

2. セビージャFC: ヴァツリーク、ヘスス・ナバス、ジエゴ・カルロス、セルヒオ・ゴメス、レギロン (グデリィ、52')、フェルナンド、バネガ(デ・ヨング、62')、バスケス(ノリート、46')、スソ、オカンポス、エンネシリ

2. RCDエスパニョール: ディエゴ・ロペス、ハビ・ロペス、ベルナンド、カブレラ、ペドロサ、マルク・ロカ、ビクトル・サンチェス、エンバルバ (カレロ、74')、ダルデル、ウー・レイ (ビクトル・サンチェス、71') 、カレリ(フェレイラ、80')

得点: 1-0 オカンポス、15分;1-1 エンバルバ、35分;1-2 ウー・レイ、50分; 2-2 スソ、 79分 

イエローカード:セルヒオ・ゴメス、ウー・レイ、ビクトル・サンチェス(退場)、グデリィ、マルク・ロカ

Communication Department