ホームで引き分け、勝ち点を分け合う
クロニクル

1-1: ホームゲームで引き分け、アラベスと勝ち点を分け合う

ホセルの先制点に、オカンポスが同点ゴールを決め、引き分けに持ち込んだセビージャFC

残念ながらホームスタジアム、サンチェスピスフアンにて、勢いあるアラベスを打ち勝つことができなかったセビージャFC。ヘスス•ナバスが取ったフリーキックをオカンポスが決め、引き分けに持ち込むことができたものの、アウェイチームのアラベスの堅い守備が決定機をなかなか与えてくれなかった。

前半20分までは両者ともにあまり動きがなく、単調な試合が続いていた。試合開始22分にデ•ヨングがヘディングシュートを決めようとしたものの、ゴールキーパーに止められる。ホームチームのセビージャが試合の主導権を握り、サイドを上手く使い、決定機を作ろうとしていた。しかし、アラベスの厚い守備の壁が立ちはだかった。そして、アラベスも先制点を決めようとチャンスを迎えるが、セビージャのGKヴァツリークがチームのゴールを堅く守った。

ハーフタイムで切り替え、後半に臨んだセビージャであったが、それでもアラベスの守備を崩せずにいた。後半開始間もなくして、ロペテギはバスケス、そして新加入のスソをフィールドに入れた。セビージャとしてのデビューを果たした。

これまで守備に徹していたアラベスが遂に上がり、攻撃にまわった。カマラサのフリーキックをマヌ・ガルシアがゴール枠内へとシュートを放つがヴァツリークが止めた。しかし、跳ね返ったボールをホセルが押し入れ先制点を決めた。セビージャ側にショックを与えたものの、ものの数分で、同点ゴールを決めることとなる。

先制点を決めたその5分後だった。ヘスス・ナバスのクロスをドゥアルテがハンドで止めたため、フリーキックが与えられたのである。オカンポスがフリーキックを蹴り、ゴールキーパーが動いた反対側へとシュートを放ちゴールネットを揺らした。引き分けへと持ち込み、セビージャにも再び希望が見えた。

しかし、残り15分のうちに決定機を作ることができず、引き分けに終わった。勝ち点1を両チーム持ち帰ることとなり、ラ・リーガの順位も落とすこととなった。次の試合は2月9日(日)、セルタと対戦することとなる。

試合情報

1.セビージャFC: ヴァツリーク、ヘスス・ナバス、クンデ、セルヒオ・ゴメス、レギロン、フェルナンド、ジョルダン(バスケス、50‘)、バネガ、オカンポス、ノリート(スソ、50’)、デ・ヨング (エンネシリ、78')

1. デポルティーボ・アラベス: パチェコ、ラグアルディア、マガジャン、 シモ・ナバーロ、マルティン (ボルハ・サインス、85')、ドゥアルテ、フェイサ (ルイス・リオハ、57')、カマラサ、マヌ・ガルシア、ブルギ(ペレ・ポンス、57')、ホセル

得点: 0-1 ホセル、72': 1-1 オカンポス、76' (PK) 

イエローカード:レギロン、バスケス、ラグアルディア

Communication Department