ヴァツリークゴールを守る
一軍

1-1:セビージャとアトレティコ・マドリード、共に勝ち点1を持ち帰る

前半はセビージャが主導権を握っていたものの、後半追い返し、勝ち越すこともできたアトレティコ・マドリード。しかしジエゴ・コスタのペナルティーキックをヴァツリークが止め、引き分けに。

どちらが勝利してもおかしくなかった試合。結果、同点で終わり、勝ち点1を両チーム持ち帰ることに。

 

最初の20分は比較的静かで、大きな動きはなかった。両者、相手チームが優勢にならないよう、様子を見ながらプレーをしていた。 しかし、ホストであるセビージャが試合を動かす。

バネガから放たれたフリーキックを受けたバスケスが先制点を決める。そこから激しいプレーが繰り広げられる。

後半は、同点ゴールを決めようと、アトレティコ・マドリードが勢いよく攻め、セビージャが守ることとなる。幾度ものチャンスを作り、セビージャは守り抜くのに必死であった。ジエゴ・コスタが放ったヘディングシュートはオフサイドの判定。同点ゴールは免れたと思われたその矢先、モラタのヘディングシュートが決まり、同点ゴールを決められてしまう。

その後、デ・ヨングに大きなチャンスが訪れ、二点目を決められるかと思われたが、惜しくもポストを外れる。グデリィのファールにより、ペナルティーキックをもらったアトレティコ・マドリード。ジエゴ・コスタのキックをヴァツリークが見事のセーブを見せ、ゴールを守った。

試合終了時まで、両チーム諦めずにゴールを決めようとチャンスをつくるものの、どちらも決めることができなかった。激しい争いの末、引き分けに。セビージャは12試合で得点21に伸ばし、次の試合UEFAヨーロッパリーグ予選、デュドランジュ戦に備える。

試合情報

1. セビージャFC: ヴァツリーク、ヘスス・ナバス、ジエゴ・カルロス、クンデ、レギロン、グデリィ、バネガ (ポゾ、85')、 バスケス、オカンポス、オリバー (ジョルダン、58') デ・ヨング (チチャリート、77')

1. アトレティコ・マドリード: オブラク、トリッピアー(アリアス、 46')、ヒメネス、 フェリペ、 ロディ、トーマス、コケ、 サウール、 エレーラ (ジエゴ・コスタ、46')、コレラ、モラタ

得点: 1-0 バスケス, 28'. 1-1 モラタ、 60'

イエローガード:ロディ、 トーマス、バスケス、オリバー、ジョルダン、 コレラ、グデリィ

Communication Department