ヨーロッパリーグ、エンネシリの同点ゴールで引き分ける
クロニクル

1-1: 敵地で引き分け、次週のホームゲームが勝負どころに

敵地で同点ゴールを決め、引き分けに持ち越したセビージャFC

クルージュ・ナポカの雰囲気に押され、勝利を勝ち取ることはできなかったセビージャ。しかし、デアクに先制点を決められていた中、エンネシリが同点ゴールを決め、引き分けへと持ち越した。敵地にて引き分けられたことに、来た時より心軽く、スペインへと帰国。

前半、試合に大きな動きが見られなかった。ピッチの状態は良かったものの、パス回しに苦戦していたセビージャ。セビージャが主導権を握っていたものの、ホームチームの手ごわいディフェンスを崩せずにいた。その中でも、先に先制点の決定機を迎えたのがセビージャであった。スソが放ったシュートがデ・ヨングに弾きゴール内に入るかと思われたが、惜しくもゴール上をかする。

ダン・ペトレスク率いるCFRクルージュも点を決めようと攻めてくるが、特に危ないシーンもなく前半が終了する。しかし、ハーフタイムで立て直したのか、ホームチームのパフォーマンスが見違えるように変わったのである。ヨーロッパリーグ、ラウンド32より導入されたVAR判定により、クンデのハンドにペナルティーを取ったクルージュ。12ヤードラインから、デアクが危なげなくゴールを決めた。

ジョルダンのシュートもオフサイド判定。またしても、セビージャに運がついていないかと思われた。だが残り10分のところで決定機は訪れる。ロニーロペスが相手ボールをブロックし、デ・ヨングへとパスする。ゴール前にはデ・ヨングとエンネシリ、そしてクルージュのゴールキーパー、2対1という状況を迎える。デ・ヨングからのパスを受け、エンネシリが同点ゴールを決めた。

ルーマニアでの敵地にて、引き分けで終わったクルージュ戦。来週末、ホームにて行われる結果次第でヨーロッパリーグ次のラウンドへ進出できるのか決まる。その前に、ラリーガ、ヘタフェとのアウェイゲームも待ち構えている。

試合情報

1. CFRクルージュ: アルラウスキス、マネア、パウロ・ヴィニシウス、ブルカ、カモラ、デアク、ボルディアヌ、ジョコビッチ、パウン、トラオレ、オムラニ

1. セビージャFC: ヴァツリーク、ヘスス・ナバス(エンネシリ、73')、クンデ、ジエゴ・カルロス、エスクデロ、グデリィ、ジョアン・ジョルダン、レギロン、フェルナンド、スソ、オカンポス、デ・ヨング

得点: 1-0、58分 デアク(ペナルティ); 1-1、82分 エンネシリ

イエローカード:フェルナンド、レギロン

Communication Department