セビージャFC、UEL今季初の黒星
一軍

1-0: セビージャFCヨーロッパリーグ今季初の黒星

コーナーからのサヴィッチのゴールが決勝点に。アボエルに負け、UEL今季初の黒星

キプロスの首都、ニコシアにて対決したアポエル戦。前半、特に大きな動きを見せないまま試合は折り返した。後半、ダブールのペナルティーキックにより先制点を決め、試合を動かしていくかと思われたセビージャ。しかしペナルティーキックを外し、アポエルが決勝点を決め、ヨーロッパリーグ全勝という記録を達成できずにグループステージ予選を終えた。

前半20分はセビージャが主導権を握りながらも、どちらもシュートのチャンスを作れずにいた。試合開始27分に、ブライアンからボールを奪ったアポエルのMFが最初のシュートを放った。しかし、ボノがゴールを守り、次はセビージャがエスキュデロからオカンポスへのパスでチャンスを作ろうとするが、惜しくもオフサイド判定。現時点で、VARが導入されていないヨーロッパリーグで確認することもできず、判定を受け入れ、試合は続いた。

後半は、チチャリートとジョルダンの代わりにダブールとオリバーが入った。これにより激しさも増し、アレフと競り合ったオカンポスが倒れこんでしまった。ペナルティーを受け、セビージャが先制点を決めると思われたものの、ダブールが蹴ったペナルティーキックをべレックが止め、アポエルのゴールを守った。

ペナルティを外したあと、アポエルは素早く反応し、反対側へとボールを運びコーナーキックを勝ち取る。マティックのコーナーキックにサヴィッチが頭を合わせて、ネットゴールを揺らした。オカンポスもロニーロペスも得点を決めようと試みるが、チャンスを掴むことができず、イエローカードも受けてしまう。

アポエルが追加点を決めてしまうような危うい場面もあったが、試合終了まで、セビージャは諦めずに戦った。オリバーのシュートにメナのヘディングシュートも惜しくもゴールに至らず、1‐0でグループステージラストで、今季初の黒星となった。しかしグループAトップ通過のセビージャ。12月16日にラウンド32の対戦相手が抽選される。

試合情報

1. アポエルFC: べレック、ミハイロヴィッチ、アレフ、 メルキス、サヴィッチ、ソウサ、ジャコリス(マクリス、77')、マティック、イオアヌ、アル=ターマリ(エフレム、90') 、パヴロヴィッチ (デ・ビンチェンティ、70').  

0. セビージャFC: ボノ、ポゾ、ジェナロ、セルヒオ・ゴメス、エスキュデロ、グデリィ、ジョルダン(オリバー、46')、ロニーロペス、オカンポス、ブライアン(メナ、68') 、チチャリート(ダブール、46')

得点: 1-0 サヴィッチ、57' 

イエローカード:グデリィ、エスキュデロ、ロニーロペス、イオアヌ、アレフ、オカンポス

Communication Department