Campaña de Navidad 2020 del Sevilla FC
クラブ

NEVER SURRENDER -私たちは諦めない- セビージャFC クリスマス企画

セビージャFCは、スポーツを愛する全ての人を対象に2020年「NEVER SURRENDER - 私たちは諦めない」プロジェクトを行います。

新型コロナウイルスによって様々な変化が求められた2020年。

セビージャFCは、2020年を戦い続けた人たちを讃えるクリスマスキャンペーンを開催します。セビージャFCが大切にしている〈Never Surrender – 私たちは諦めない -〉という信念のもと、不可能に思えることがあっても、本当に何かを望むのであれば、必ず道は開けるということを伝えたいと考えています。

セビージャFCは、近年リブランディングを行いました。このキャンペーンは、リブランディングの中で築いた確固たるクラブのDNANEVER SURRENDER -私たちは諦めない-〉を軸に企画されています。パンデミックによって引き起こされた複雑極まりない中で、スペイン・ネルビオンをホームタウンにするセビージャFCは、3ヶ月間の休止期間を経て、チャンピオンズリーグ出場権を獲得。さらに、UEFAヨーロッパリーグでは、準決勝、決勝でローマ、マンチェスターユナイテッド、インテル・ミラノなど、セビージャFC以上に経済的に強力なチームとも最後まで諦めることなく戦い続け、UEFAヨーロッパリーグ6度目となる優勝を果たすことができました。

21世紀にスペインサッカーリーグ2部から始まり、現在はUEFAヨーロッパリーグの王者、ヨーロッパでも3番目の成長率を誇るスペインのチームであるセビージャFCは、2020年を前向きな歴史として記憶していきます。多くの逆境の中でも努力・勇気を持つことで目標を達成することが出来ると信じています。「負ける」ことは、決して想像していません。

今回の企画では、2020年、決して諦めることなく、栄光を達成した偉大なる7名のスポーツ選手を取り上げています。

・ラファエル・ナダルは、全仏オープンで1セットも失わずに優勝しました。彼は、彼の終わりなき野心を持ち続け、過去15年間で開催されたトーナメントで13回もの優勝を成し遂げました。

・デジレ・ビーラは、右足切断の経験を乗り越え、今も高いレベルで戦っています。彼女の前を向く勇気が、彼女をパラリンピアンへと転向させました。

・ハンドボールスペイン代表は、リオ五輪での無念を欧州選手権で晴らしました。彼らのそのプライドが、ヨーロッパチャンピオンの称号を取り戻させました。

・カロリーナ・マリンは、深刻な怪我を乗り越え、再び世界チャンピオンになりました。彼女の諦めない意志の強さが、彼女を再び表彰台へと導きました。

・ジョアン・ミルは、今までの未熟さを一貫した強さに変え、MOTOGP世界チャンピオンに輝きました。恐れ知らずのライダーは、終盤の華麗なる走行で見事に1位へと返り咲きました

クリケット界のレジェンド、サーチン・テンドルカールが、インドがワールドカップで優勝した後、誇り高きインドへの感謝の気持ちを込めて、チームメイトの肩に担がれたシーンが、ローレウス世界スポーツ賞(2000-2020年)を受賞しました。

・セビージャFCは、6度目のヨーロッパリーグ優勝を果たし、不可能を可能にしました。クラブは過去の6つの決勝戦、全てに勝利することで、彼らの終わりなき野心を証明しました。

忘れがたい年だからこそ、これらの価値観が最大の意味を持ち、現実を忠実に反映したメッセージ性のあるキャンペーンを展開することが可能となり、日々の障壁を乗り越えていく人々の姿を映し出すことができます。

 

セビージャFCをはじめとするこれら全ての活動は、何百万もの人々を喜びと誇りで満たし、あらゆる瞬間に自分自身を超え、不可能を可能にしてきたのです。

Communication Department