オカンポス、ラリーガにて3点目のゴールを決める
クロニクル

2-0:セビージャが試合開始から終了まで主導権を握り、白星を挙げる

チチャリートがセビージャとして初のゴールを、オカンポスが3点目のゴールを決めスペン・マドリード州ヘタフェに本拠地をおく、ヘタフェCFに勝利

最初に試合を動かしたのはオカンポスであった。ヘタフェのペナルティエリアに入り、DFのラウール・ガルシアを抜き、シュートを放つも惜しくもポスト上をいく。ノリートも攻撃するが、ヘタフェのGKダビド・ソリアが堅くゴールを守る。

ヘタフェのマタが一度だけ攻撃を仕掛けてきたものの、前半はセビージャが主に攻撃し、主導権を握っていた。

 

後半も前半のように進められていったが、ジョルダンに代わってバスケスが入ったことにより、左サイドが上がる。それにより、オリバーからのクロスを受けたチチャリートがセビージャとして初めてのゴールを決める。

相手側も体制を変え、後半に挑んだが、ヘススが相手パスをカットし、オカンポスへ。ボールを受けたオカンポスがゴールを決め、サンチェスピスファンでの勝利を確実なものにしていった。

 

ラ・リーガ、ホーム戦では、3試合連続白星をあげ、勝ち点3をものにした。次は30日(水)バレンシアとメスタージャにて対戦する。

試合情報

2. セビージャ:ヴァツリーク、ヘスス・ナバス、ジエゴ・カルロス、クンデ、レギロン、フェルナンド、ジョルダン(バスケス、68’)、バネガ、オカンポス、ノリート(オリバー、57’)チチャリート(デ・ヨング、80’)

 0. ヘタフェCF: ダビド・ソリア、ニョム(オリベラ、53’)、カブレラ、エチャイタ、 ラウール・ガルシア(ケネディ、75')、 マクシモヴィッチ、アランバリ、ククレジャ、ジェーソン、モリーナ(アンヘル、59') マタ 

得点: 1-0 チチャリート 70'、2-0 オカンポス78'

イエローカード:バネガ、ジェーソン、マタ、オリバー、オカンポス

Communication Department