パコ・ガルシア監督がプレシーズンの最初のトレーニングで指揮を執る
女子チーム

セビージャFC女子チームが新プロジェクトに向け、最初のトレーニング

パコ・ガルシア監督の率いるチームが月曜日、シウダ・デポルティバで練習を行い、パコ・ブランコとアグスティン・ロペスを迎えた。

セビージャFC女子チームの新プロジェクトが動き出した。7月最後の日、メンバー紹介を数分し、パコ・ガルシア監督の率いるチームが午前10時、ウルテラ通りにあるピッチに飛び出した。暑さが主役となる中、チームはフィジカルトレーニングを交えた戦術練習を1時間半、実施した。

このトレーニングでは新コーチ陣と新加入の7選手がセビージャのユニフォームでデビュー。また、最初の数週間はカンテラ(下部組織)の選手数人もパコ・ガルシア監督の指揮の下でトレーニングを行う。

カンテラ(下部組織)の責任者であるパコ・ブランコとその右腕であるアグスティン・ロペスがトレーニングに姿を現した。二人は最初の練習で女子選手に歓迎のあいさつをした。チームは金曜日まで午前練習を続け、土曜日と日曜日にオフをとり、フィジカル面での強度が増す第二週に備える。また練習試合も組まれている。

Communication Department