クラブ

セビージャFCがアメリカ合衆国内に少なくとも6か所のサッカーアカデミーを創設する

セビージャFCサッカーアカデミーが国際化し、カリフォルニア、フロリダ、メリーランド、ニュージャージー、ニューヨーク、テキサスにカンテラ(下部組織)のモデルを導入する。

セビージャFCがクラブの育成モデルをベースにしたサッカーアカデミーをアメリカ合衆国に開設することに合意し、署名した。最初のアカデミーはマイアミに設立され、その後、カリフォルニア、メリーランド、ニュージャージー、ニューヨーク、テキサスと展開する。

ネルビオンをホームに持つセビージャは技術練習・育成方法を輸出する。アメリカ合衆国ではプロサッカーが成長を続けており、国際的にもセビージャFCのブランドが高まることが予想される。

ホセ・カストロ会長は「日に日にサッカーの重要性が高まる国で、わたしたちのモデルを導入でき、とても満足している。事実、セビージャFCはアメリカ合衆国の育成モデルに一石を投じることができる。わたしたちのモデルは信用と信頼を併せ持っていると評判だ」。

一方、セビージャFCのマーケティングマネージャーのラモン・ロアルテはアメリカ合衆国でのセビージャFCサッカーアカデミーの開設を前向きに評価している。「2年間の作業により、この重要なプロジェクトが完成した。明日のサッカーを継続的に支えるという重要な役割を果たしており、アメリカ合衆国の例でもわかるように、わたしたちのモデルがサッカー界で重要度を増している。セビージャFCブランドは確実に成長しており、国際化が進み、社会、経済面でも現在と未来にわたり一歩ずつ成長を続けている」。

Communication Department