Imagen del Sevilla FC ante el Athletic Club
一軍

セビージャFC今季最後のタンザニア遠征へ

チームはシーズンオフ前の最後の試合を挑むべく、5月21日(火)にタンザニアの首都、ダルエスサラームへ遠征に行かれました。そして、5月23日(木)に帰国後、休暇に入ります。

5月18日(土)に、エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンにてアスレティック・ビルバオを破り、無事ラ・リーガ2018/2019を終えることができたセビージャFC。そして、休暇前の最後の試合を行うべく、チームは火曜日10:00 CEST頃タンザニアの首都であるダルエスサラームへ移動し、5月23日(木)にシンバSCとの親善試合に臨みます。この試合はSFCTVにて生中継されます。

今回の親善試合は、ラ・リーガ・ワールド・チャレンジ・プロジェクトの一環で、SportPesa協賛のもとラ・リーガが主催しており、スペインサッカーを世界に広めることを目的にしているほか、ラ・リーガを身近な存在に感じてもらい、ラ・リーガ参加クラブチームをスペイン国外に宣伝することを目指しています。

タンザニアにて親善試合を行うのは、スペインクラブチームとして初めてのこととなり、ヨーロッパチーム全体でみても2017年にエバートンが行った親善試合に次いで2回目の試みとなります。タンザニアから帰国後、金曜日より夏季休暇に入ります。

Communication Department