3-1 同点に追いつくも、最後の数分で敗戦。
クロニクル

3-1 同点に追いつくも、最後の数分で敗戦。

アノエタでセビージャFCが悲しい形で一年を締めくくった。ベン・イェデルが前半最後にゴラッソを決めて流れを変えたが、敗戦。後半に調子を上げたが、ベリッソ監督のチームは試合最後の貴重な数分に2ゴールを許した。

レアル・ソシエダが序盤にゴールを決め、前半は主導権を握った。

セビージャにとって、前半最後のベン・イェデルのゴラッソが最高の時間帯となった。

試合記録

3. レアル・ソシエダ:ルジ、オドリオソラ、ジョレンテ、ラウル・ナバス、イニィゴ・マルティネス、イジャラメンディ、スルトゥサ(スベルディア、74分)、カナレス(カルロス・ベラ、78分)、シャビ・プリエト、ハヌサフ(オジャルサバル、60分)、ウィリアム・ホセ

1. セビージャFC:ダビド・ソリア、コルシア(ノリート、81分)ガイス、ケリー、エスクデロ、ピサーロ、バネガ、サラビア、ガンソ(バスケス、63分)、クローン=デリ(ムリエル、81分)、ベン・イェデル

得点:1-0(17分)イニィゴ・マルティネス、1-1(44分)ベン・イェデル、2-1(75分)スベルディア、3-1(90分)カルロス・ベラ

警告:ベン・イェデル、ピサーロ、コルシア、ラウル・ナバス、バスケス、ケリー

Communication Department