3-1 インテンシティを披露し、アトレティコを相手に国王杯を順調に進む
クロニクル

3-1 インテンシティを披露し、アトレティコを相手に国王杯を順調に進む

良いスタートは良い終わりにつながる。セビージャFCがラモン・サンチェス・ピスフアンスタジアムに集まった約40,000人の観衆に記憶に残る試合を贈った。ファーストレグの1-2のスコアでは物足らず、見事なインテンシティとサッカーをアトレティコ・マドリードに披露し、ほぼ90分間、セビージャが優位に試合を進めた。国王杯準決勝が待っている。

試合開始早々のエスクデロのゴラッソにスタンドが酔いしれた。

セビージャの全選手が100%の力を出し切り、アトレティコを圧倒。

試合記録

3. セビージャFC:セルヒオ・リコ、ヘスス・ナバス、メルカド、ラングレ、エスクデロ、エンゾンジ、バネガ、サラビア、バスケス(ピサーロ、83分)、コレア(ノリート、86分)、ムリエル(ベン・イェデル、72分)

1. アトレティコ・マドリード:モジャ、ヴルサリコ、ヒメネス(トーマス、64分)、ゴディン、リュカ、サウール、ガビ(フェルナンド・トーレス、55分)、コケ、アンヘル・コレア(カラスコ、59分)、グリーズマン、ケヴィン・ガメイロ

得点:1-0(25秒)エスクデロ、1-1(13分)グリーズマン、2-1(48分)バネガ(PK)、3-1(78分)サラビア

審判:マルティネス・ムヌエラ、バレンシア協会

Communication Department