2-1 国王杯ベスト8へ順調に進出
クロニクル

2-1 国王杯ベスト8へ順調に進出

木曜日、カディスCFを再び負かし、セビージャFCが国王杯を勝ち上がり、準々決勝進出を決めた。ゲームを支配する中、ベン・イェデルとコレアがゴールを決めたが、終盤の85分にアルバロ・ガルシアにゴールを許し、今大会で初失点。今週金曜日12時半、準々決勝の抽選が行われる。

ベン・イェデルがジャネスの弾いたボールを奪い、ゴールを奪い、対戦を有利にした。

コレアが開始60分を前に強烈なヘディングで勝利を決定づけた。

試合記録

2. セビージャFC:セルヒオ・リコ、コルシア、メルカド、ラングレ、キャロル、ガイス、エンゾンジ(ピサーロ、83分)、バネガ(バスケス、72分)、サラビア、コレア、ベン・イェデル(ムリエル、78分)

1. カディスCF:ルベン・ジャネス、コレア(アルバロ・ガルシア、69分)、セルバンド、ケコジェヴィッチ、ブライアン、ニコ、アブドゥ、モハ、セルヒオ・ゴンサレス、アイトール・ガルシア(カリジョ、61分)、ダビド・バラル(エウヘニ、61分)

得点:1-0(31分)ベン・イェデル、2-0(53分)コレア、2-1(85分)アルバロ・ガルシア

審判:デ・ブルゴス・ベンゴエシェア、バスク協会

Communication Department