2-1 ブタルケスタジアムで難敵が待ち構えていた
クロニクル

2-1 ブタルケスタジアムで難敵が待ち構えていた

セビージャFCが日曜日午前、エネルギッシュで積極的なCDレガネスに敗れた。モンテッラ監督の選手たちはリーガで2連敗。オールド・トラッフォードスタジアムでのチャンピオンズリーグの一戦で歴史的な快挙を成し遂げた週、来シーズンのヨーロッパレベルの大会出場をかけ戦う。

最高の一週間にはならなかった。マンチェスターで歴史的な快挙を成し遂げた後、セビージャFCがブタルケスタジアムでCDレガネスを相手に貴重な勝ち点3を失った。一方のCDレガネスは数週間前から勝ち点を必要としており、見事に勝ち点を手にした。五分五分の前半戦、ハーフタイム前にブスティンサが先制点を決めた。後半に入り、赤いユニフォームのセビージャが同点ゴールを目指していた時、ペピネーロの愛称を持つレガネスが再びゴールを決め、試合の行方は決定したかに見えた。一方で、ラジュンがアディショナルタイムにセビージャ選手として初ゴールを決めた。

残留争いでは順調だが、調子を取り戻す必要があるレガネスが前線でインテンシティを高め、アムラバトが常にチームをリードした。開始3分にはガブリエルがリバウンドを奪いゴールを狙い、鋭いシュートを放ったが、セルヒオ・リコによって止められた。その後、アムラバトがセルヒオ・リコとの11からブタルケスタジアムにゴールをもたらすかに思われた。フランス・モロッコ人のアムラバトは足首のプレーでGKをかわしたが、ボールは遅く、ラングレがゴールライン上でボールを外に弾き返した。セビージャはエンゾンジとフランコ・バスケスを中心にサイドを使い、いつものように試合を進めた。しかし、クエジャルが守るゴールのネットを揺らすことができなかった。

前半が0-0で終わると思われた時、ブスティンサがヘディングで先制点を決めた。

モンテッラ監督の選手たちは前半の中盤に最大のチャンスを迎えた。サラビアが見事なドリブルでゴールを狙ったが、クエジャルがゴールラインの目の前でセーブした。ハーフタイム前にはどちらもゴールを決められないと思われた時、ゲームの流れを左右するゴールがコーナーキックから生まれた。ハーフタイムまで残り3分、ザールがコーナーキックをフォアサイドに蹴り、ブスティンサがフリーで現れた。レガネス選手は難しい距離から強烈なヘディングシュートを放ち、セルヒオ・リコは間に合わず、フランコ・バスケスがライン上でセーブを試みたが、届かなかった。セビージャは前半、精彩を欠きながらもレガネスを相手にゲームを支配していた中での失点は、手痛い一撃となった。
 

レガネスはリードを奪い、引いて守ることが予想されるなかで、セビージャの反撃が期待されたが、セビージャは引き続き、同点ゴールへの道筋を見つけることができなかった。ベン・イェデルがボールをもらうために下がらなければならない状況で、バイタルエリアで連携ができず、同点ゴールへの道は遠かった。一方で、白と青のレガネスはアムラバトにボールを集め、セビージャCBと争わせ、時間を稼いだ。ラジュンの強烈でコントロールされたシュートが唯一のゴールとなった。

後半の反撃も期待以上のものではなく、一方のレガネスはエラソのゴールにより試合を決定づけた。

さらに悪いことに、後半途中、ホームチームのコンビプレーから試合を決定づけるゴールが生まれた。ディエロ・リコのアシストからエラソが鋭いクロスシュートを放ち、セルヒオ・リコが守るゴールのネットを揺らした。すでにサンドロがピッチに立っている状況で、セビージャにとっては致命的な一撃となった。監督はムリエルとアラナをピッチに送り反撃を試みたが、点差を縮めるゴールは生まれなかった。一方、ラジュンがアディショナルタイムにセビージャ選手として初のゴールを決め、得点差を縮めたが、すでに時間は残っていなかった。

悪いことは重なり、サラビアが2枚目の警告を受け、土曜日のFCバルセロナ戦に出場できなくなった。バレンシア戦で5枚目の警告を受け、レガネス戦に出場できなかったコレアが、次戦はプレー可能となる。リセットし、国際試合を経て、バルセロナ戦の準備を進める。上位7チームがヨーロッパレベルの大会への切符を手にするが、次の敗戦は7位以内進出に暗い影を落とす。リーガでも反撃が必要だ

試合記録

2. CDレガネス:クエジャルサルドゥア、ブスティンサ、シオバス、ディエゴ・リコ、ガブリエル(グンバウ、92分)、ルベン・ペレス、オマル・ラモス、エラソ、ザール、アムラバト(ボーヴュ、89分)

1. セビージャFC:セルヒオ・リコ、ラジュン、ケアー、ラングレ、エスクデロ、エンゾンジ、バネガ、フランコ・バスケス(ムリエル、71分)、サラビア、ノリート(サンドロ、62分)、ベン・イェデル

得点1-041分)ブスティンサ2-068分)エラソ2-190分)ラジュン

審判:アルベロラ・ロハス、カスティージャ・マンチャ協会警告2枚:サラビア警告:エスクデロ、アムラバト、シオバス、エンゾンジ

 

Communication Department