Franco Vázquez del Sevilla FC
クロニクル

2-0 セビージャは最高の前半戦でアトレティックを相手に勝負を決めた

悪天候の午後、セビージャがビジャレアルとの差を広げ、バレンシアに圧力をかける貴重な勝利をものにした。前半のムリエルとフランコ・バスケスのゴールがアトレティックを負かすには十分な結果となった。アトレティックは後半、選手交代で反撃をしかけたが、すでに勝負はついていた。セビージャは再び失点0で試合を終えた。

セビージャFCは今日土曜日、ラモン・サンチェス・ピスフアンスタジアムで7日前のアトレティコ・マドリード戦での汚点を晴らし、直近5節での獲得可能な勝ち点15のうち、12を確定させた。アトレティックのシガンダ監督は来週木曜日に行われるヨーロッパリーグのオリンピック・マルセイユ戦を念頭に今日の一戦に臨んできたが、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が選んだ11選手は、そんなアトレティックを圧倒。ムリエルとフランコ・バスケスがゴールを決め、すでに試合に決着をつけた後、アトレヒックはレギュラー選手3人をピッチに送りこんできたが、すでに手遅れ。セビージャの今後の対戦相手はバレンシアとマンチェスター・ユナイテッド。シーズンを行方を左右する2試合を前に、1週間の練習期間があり、最高のコンディションを目指す。

悪天候の午後だったが、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のプラン通り、早い時間帯に先制点が生まれ、セビージャFCにとってはとても穏やかな午後となった。試合開始早々、アトレティックはすでにセビージャの攻撃陣に押される展開となり、ピッチ中央ではボールを支配され、ウィ入りアムズが厳しくマークされてセルヒオ・リコの守るゴールが遠くに見えた。実際、開始5分までにセビージャが3度の決定機を作った。開始3分には相手GKケパが活躍する場面が生まれた。3度のチャンスのうち2回はコレアのシュートで、2回目はゴールラインぎりぎりのところで相手ディフェンスに止められ、3度目はラングレがコーナーキックからのボールをフォアサイドで合わせて1-0と思われたが、ビルバオはゴールを死守した。

ムリエルとフランコ・バスケスがゴールを決める前から、すでにセビージャが数々のゴールチャンスを作った。

ネルビオンを本拠地に持つセビージャは左サイドからの攻撃に重点を置いたが、1点目が入った後はサラビアが状況を把握し、徐々に調子を上げていった。ムリエルもサイドに流れることでバスク地方のアトレティックのディフェンス陣を継続的に苦しめた。バスケスのパスを受けたムリエルが頭でゴールを決めたかに思われたが、ボールはポストに弾かれた。2分後には完璧なクロスからゴールが生まれた。ムドが再び最高のアシストパスを送り、今回はゴールネットが揺れた。失点のダメージから回復する時間もなく、シガンダ監督のチームは2点目を奪われた。ムリエルが左サイドにパスをし、エンゾンジの的確なセンタリング、最後はフランコ・バスケスが完璧なヘディングシュートを決め、この試合一番の見せ場を作った。

ハーフタイムまで15分を残し、セビージャ選手たちは試合をものにしていた。それ以降もゴールは生まれなかったが、セビージャ選手たちがケパのゴールを脅かし続けた。イニャキ・ウィリアムズが強烈なシュートを2度放ったが、セルヒオ・リコが弾き、さらにフリーでヘディングシュートを放つ場面もあったが、ボールは枠をとらえることができなかった。ウィリアムズがバスク地方アトレティックの2度の決定機の主役となったが、ゴールには至らなかった。セビージャの優勢に対し、シガンダ監督はハーフタイム、ベニャ、ラウル・ガルシア、アドゥリスの3選手をピッチに送ることで反撃を図った。アトレティックが勢いを取り戻し、ボールポゼッションを高めたが、ムリエルとフランコ・バスケスが3-0のチャンスを作った。

シガンダ監督がハーフタイムに3選手を交代し、アトレティックの勢いが増したが、反撃はゴールにつながらなかった。

セビージャがゲームをコントロールしているように見える中、モンテッラ監督が後半の中盤、ムリエルを休ませノリートをピッチに送った。サンルーカス出身のノリートがピッチに入った数秒後、バネガからパスを受けたノリートが左サイドから豪快なシュートを放った。あまりにも強烈なシュートに、ケパ・アリサバラガがお手本のようなパンチングでボールをコーナーキックに変えた。アトレティックは時間の経過と共に精度が落ち、攻撃を仕掛けたが、逆にセビージャにカウンター攻撃のスペースを許す形となり、試合を決めるゴールチャンスを与えた。フランコ・バスケスがケパと11の場面を作ったが、ケパが神がかり的な片手セーブで3点目を防いだ

試合時間は進んだが、スコアが動く気配はなく、最後はセビージャがリーガでの無失点での2連勝を飾り、ここ5節で4勝を決めた。ビジャレアルが勝ち点を落としたことで、勝ち点差が5まで広がり、バレンシアCFが射程に入る位置まで来た。バレンシアCFは日曜日、べティスとの対戦が控え、来週土曜日はネルビオンでセビージャと対決する。

試合記録

2. セビージャFC:セルヒオ・リコ、ラジュン、メルカド、ラングレ(ケアー、87分)、エスクデロ、エンゾンジ、バネガ、フランコ・バスケス、サラビア、コレア(ピサーロ、90分)、ムリエル(ノリート、67分)

0. アトレティック・ビルバオ:ケパ、レクエ、ジェライ、イニゴ・マルティネス、サボリト、サン・ホセ、イトゥラスペ(ラウル・ガルシア、46分)、スサエタ、ミケル・ベスガ(ベニャ、46分)、コルドバ(アドゥリス、46分)、ウィリアムズ

得点1-026分)ムリエル、2-032分)フランコ・バスケス

審判:ウンディアノ・マジェンコ、ナバーラ協会警告:サボリト、ノリート、サン・ホセ、イニゴ・マルティネス、コレア

Communication Department