Sarabia del Sevilla FC ante el 1-1 アディショナルタイムにヘタフェの強烈な一撃を食らい、貴重な勝ち点2が消えた。
クロニクル

1-1: UN MAZAZO EN EL DESCUENTO LE CUESTA DOS PUNTOS VITALES ANTE EL GETAFE

セビージャFCが日曜日午後、果敢に戦いを挑んできたヘタフェを相手に勝ち点1。72分にムリエルが先制点を奪ったが、アディショナルタイムにモンテッラ監督の選手たちに悪夢が待っていた。カラの問題のシーン、アンヘルがセルヒオ・リコの守るゴールを割り、最終スコアである1-1とした。

セビージャは調子が出るまでに時間がかかったが、徐々にゲームを支配。

ノリートとムリエルがピッチに入り、セビージャに待望のゴールが生まれた。

警告:カラ、ブルーノ、セルヒオ・モラ、セルヒオ・リコ、ノリート

試合記録

1. セビージャFC:セルヒオ・リコ、メルカド、ラングレ、エスクデロ、エンゾンジ、バネガ、フランコ・バスケス(ノリート、68分)、サラビア(ピサーロ、81分)、コレア、ベン・イェデル(ムリエル、56分)

1. ヘタフェCF:グアイタ、ジェネ、カラ、ブルーノ、アントゥネス、マルケル・ベルガラ(セルヒオ・モラ、38分)、アランバリ(ダニ・パチェコ、74分)、柴崎(ファジル、59分)、ポルティージョ、アマト、アンヘル

得点:1-0(71分)ルイス・ムリエル、1-1(90分+2分)アンヘル

審判:アルベロラ・ロハス、カスティージャ・マンチャ協会

Communication Department