0-3: コルネリャで最高の形を示し前進
クロニクル

0-3: コルネリャで最高の形を示し前進

セビージャが先週水曜日の国王会での好調を維持し、果敢に挑み、調子を上げてきたエスパニョールを上回った。フランコ・バスケスとサラビアが前半にゴールを決め、ムリエルが終盤、試合に終止符を打った。

最初のチャンスでフランコ・バスケスが相手の弾いたボールから先制点

後半最初、エスパニョールが主導権を握るが、モンテッラ監督の選手たちは主導権を引き戻した

試合記録

0. RCDエスパニョール:ディエゴ・ロペス、エルモソ、ダビド・ロペス、ディダク、デュアルテ、ハビ・ロペス(マルク・ナバーロ、63分)、ハビ・フエゴ(ビクトル・サンチェス、46分)、ダルデル、メレンド(セルヒオ・ガルシア、46分)、レオ・バチストン、ヘラルド

3. セビージャFC:セルヒオ・リコ、コルシア、メルカド、ラングレ、エスクデロ、エンゾンジ、バネガ(ノリート、86分)、フランコ・バスケス(ヘスス・ナバス、66分)、サラビア、コレア(ガイス、78分)、ムリエル(

得点:0-1(14分)フランコ・バスケス、0-2(34分)サラビア、0-3(90分)ムリエル

審判:ウンディアノ・マジェンコ、ナバラ協会 警告:ハビ・フエゴ、レオ・バチストン、ハビ・ロペス、キケ・サンチェス・フローレ ス監督、メルカド、エスクデロ、ビクトル・サンチェス

Communication Department