セビージャFC財団はスポーツ、社会、文化に関するアクティビティを通じて、セビージャFCの価値観を伝えるために生まれました。ここではスポーツとセビージャFCが文化と社会活動を通じて、わたしたちの身近な社会に関係するテーマに関わっています。

目的を達成するため、セビージャFC100周年財団は一連のアクティビティを企画しました。

アントニオ・プエルタ サッカースクール
アントニオ・プエルタ サッカースクール

サッカーを強調。セビージャFC財団は第9回アントニオ・プエルタ サッカースクールを計画しました。スクールでは男の子と女の子が下部組織の指導法に従いサッカーを楽しみますが、サッカー以上に寛容、協力、モチベーション、約束といった価値観を重視し、ひとりひとりが向上する指導を行います。

教育という点から開始し、サッカーを指導し、スポーツ選手を育成すると共に、人間を育てます。

もっと見る

サッカースクール申し込み

技術・ゴールキーパースクールの申し込み

サッカー&英語 アーバンキャンプ
サッカー&英語 アーバンキャンプ

11回目を数えるアーバンキャンプがシウダ・デポルティバ・ホセ・ラモン・シスネロス・パラシオスで開催されました。子供たちはサッカーを楽しみながら、英語を勉強し、その上、それ以外のアクティビティも行いました。

もっと見る

シエラ・ノルテ キャンプ
シエラ・ノルテ キャンプ

シエラ・ノルテで4年目のキャンプ。男の子と女の子たちがセビージャFCのコーチからサッカー指導を受けると同時に、自然に囲まれた山小屋で1週間を一緒に過ごします。その他にもカヌー、水泳、馬での散歩などを楽しみます。

もっと見る

その他の活動